釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

【エギング】秋イカ攻略!タックル・釣り方・コツなど詳しく解説!

f:id:ShuN1:20190906203509j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

秋といえばアオリイカの数釣りが楽しめる季節ですね!好奇心旺盛な秋の新子たちは比較的釣りやすいことから、エギングをこれから始めようという方やファミリーフィッシングの方達に最適です!

 

ということで今回は秋イカを釣るためのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います!

秋のアオリイカとは

f:id:ShuN1:20190906203457j:plain

アオリイカの卵は春に産卵され30日程で孵化します。秋にはそのアオリイカ達がある程度成長し、エサを果敢に捕食する成長期へと入ります。釣れる時期は地域によって違いますが、一般的には8月の終わり頃から10月の終わりくらいまででしょう。

 

秋のアオリイカは新子と呼ばれ100~300g程の小型のものが多く、その大きさからコロッケサイズなどとも言われます。新子は積極的に捕食することからエギへの反応も良く、また群れで活動することが多いので同じ場所で立て続けに釣れることがあります。

狙うポイント

f:id:ShuN1:20190906203500j:plain

秋イカは自分を狙う捕食者から身を守るためや、ベイトが集まり自分が捕食しやすいような場所を好みます。具体的にはシャローエリア、テトラ帯、藻場、堤防の足元、船の影やロープ周辺、夜なら常夜灯の近くなどです。

 

新子は春に比べ警戒心も薄いので、この時期は海を観察すると見える距離で確認することができます。群れで行動することが多いので、1匹でも見つけたら試しに投げてみましょう。

 

 シャローエリア(浅場)の攻め方についてはこちらを参考にしてみてください⇩

www.tsuri-no-hito.com

秋エギングのタックル

秋のエギングのタックルは次のような要素があると快適に楽しめるので、選ぶ際に参考にしてみてください。

 

  • コンパクトさ ⇒ 足元やテトラ帯等のピンポイントな場所を狙いやすい
  • 軽さ ⇒ 昼でも釣れやすい時期なので一日中しゃくっても疲れないように
  • 柔らかさ ⇒ 小さめのエギを扱いやすい・身切れを防ぐ
  • 感度の良さ ⇒ 小さな新子でもアタリを確実に捉えるため

 ロッド

ロッドは長さが8f未満で硬さはML、自重は100g前後くらいのものがオススメです。さらに柔らかい硬さのLだと新子の引きでも十分強く感じて楽しむことができるので、秋に特化させたい場合は硬さはLでも良いと思います。一年通してエギングをやりたいならMLかM、秋の小イカ特化ならL、春のデカイカ特化ならMHといったところでしょうか。

 

リール

リールは2000~2500番くらいがオススメです。大事なのはロッドとのバランスなので、できたら釣具屋などで一度ロッドに付けてみたり手に取ってみて選ぶと良いと思います。

 

秋イカは小さい分パワーもあまりないのでそこまで巻き取る力は必要ありません。軽さやドラグの性能を重視して選びましょう。

 

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2506H (2500サイズ)
 

ライン

ラインはPEラインの0.4~0.6号がオススメです。エギングでは一般的に0.6~0.8号を使用しますが、秋は小さいエギを使用することや飛距離を出すことを目的に少し細めを使用します。通年エギングに使用することを考えるなら0.6号を巻いておくと良いでしょう。

 

また、秋はシャローを狙う機会が多いのでフローティングタイプのPEラインを使用すると快適にエギングが行えます。

 

www.tsuri-no-hito.com

 秋イカを釣るコツ

エギは派手目の3号を基準にする

秋イカはサイズが小さく比較的活性も高いことから、それに合わせたアピール重視の3号エギがオススメです。

 

カラーはオレンジやピンク、ラトルを搭載したものもアピール力が高いです。しかし、アピール力の高いものはその分イカにプレッシャーも与えてしまうので、しばらく投げて反応がない場合や、釣り人が多くイカがスレている状況などでは地味目のカラーやナチュラル系のエギに変えましょう。

 

サイズはさらに小さい2.5号を使用しても良いですが、あまり小さいエギだと釣れてもリリースサイズの場合が多いので個人的にはあまりオススメしません。

 

しかし小さいエギでは小さいイカしか釣れないというわけでもなく、2.5号でも大物が釣れる場合やその逆もあります。大事なのはベイトのサイズに合わせることで、3号を基準に反応がないなら2.5号や3.5号を投げてみるなど、カラーローテーションのようにサイズもローテーションで変えていくと反応がなかったイカが急に抱いてくるということがあります。

 

ドラグは少し緩めに

秋イカはサイズが小さい分あまり強く合わせすぎると身切れを起こして取り逃してしまうことがあります。ドラグを緩めにしておくとアワせたときの衝撃を幾分吸収してくれるので身切れを防いでくれます。(アワセの手加減でも防げます)

 

また、秋のエギングは岩が点在するシャローエリアがオススメですが、慣れないうちは

浅く根が荒い分すぐに根掛かってしまいます。そのため特に初心者の方などはドラグを緩めにしておくと、もし根掛かった場合も刺さりが深くならず回収率が上がります。

 

緩くすぎてもラインに糸ヨレができてトラブルの原因となったり、エギのアクションがうまくできなかったりするので、目安としてはしゃくったとき少し糸が出るくらい(ジッという短いドラグ音が鳴るくらい)が良いでしょう。

 

www.tsuri-no-hito.com

表層~中層から探る

この時期のイカは食欲旺盛であると同時に自分自身が食べられてしまうという危険があります。表層~中層はベイトとなる小魚が豊富で、ボトムは新子を狙う根魚が待ち構えているので危険です。そのため秋のエギングは表層~中層を中心に狙っていくことがポインとなります。

 

基本としては表層~中層を狙いますが、追ってくるが抱かないという場合や雨で濁りがきつい場合などはボトムで反応することあるので、状況に合わせて狙うレンジを変えることも大切です。

 

障害物周りを攻める

新子達は自分の身を隠せベイトも集まりやすい障害物付近に多くいます。

 

海藻、船の周り、ブイやロープ、テトラ、沈み根などの付近を積極的に狙ってみましょう。

 

ちょっとしたコツですが、普段から干潮時に釣り場をよく観察しておくと海底の障害物や地形を確認できるので、満潮時でも目に見えないイカのいそうなポイントを探ることができます。

 

ランガンで高活性を拾う

秋の活性の高いイカは釣れる時はホントにすぐ簡単に釣ることができます。そのため反応が薄いイカを粘り強く狙ったり回遊待ちをするより、釣れそうな場所を短時間で回り高活性のイカを拾っていくほうが効率よく数を稼げます。

 

しかし、ただ単に多くの場所を周ればいいというわけではないので例として私のランガンでの場所選びを紹介します。説明が下手ですが参考程度にしてみてください。

 

朝マズメはまだ釣り人からのイカへのプレッシャーが少ないので、単純に人気のポイントや釣果報告のある場所へ行き、反応がなくなったら次は潮汐に合った場所へ行く。(干潮時に瀬が出る場所や、満潮時のみ水深が出て釣りができるシャローなど)その後はなるべく人の少ない場所へ行き比較的フレッシュ(スレていない)状態のイカを狙う。他には、釣れなかったが反応が良かった場所などは時間をずらし再度訪れたり…。こんな感じです。

 

サイトフィッシングで釣る

秋エギングの楽しみといえばサイトフィッシングです。エギを追ってきたイカや足元で見えているイカを目で見ながら釣ることができます。目で見える分キャストする場所もピンポイントに定めることができ、合わせるタイミングもわかりやすく、イカが抱く姿も見ることができます。

 

秋はサイトでイカ釣るチャンスが多いので、これを攻略することで好釣果に繋がります。

 

サイトでイカを釣るコツ

見えイカを釣るコツは警戒心を与えないことです。

 

見つけた場合はなるべく離れた場所からキャストしたり、一歩下がるなどして自分の姿を見せないようにします。エギはイカに直接投げるのではなく、少し離れた場所から徐々に近づけます。(近くを通すだけでも寄ってくる)アクションは通常のシャクり⇒フォールで誘ったり、ロッドを立てその場にエギをステイさせることで抱いてきます。

 

興味を示すが抱かないとき

  • 抱かせるレンジを変える
  • エギのカラー、サイズ、フォールスピードを変える
  • 抱きそうになったらあえて離してじらす
  • 岩の上などに着底させしばらく放置

 

なかなか抱いてこない場合は上記のような方法を試してみてください。それでも抱かない場合は一旦諦めることも大事です。釣れないイカに時間をかけるより、その分他のポイントを攻めたりする方がかえって釣れたりします。

 

偏光グラスが有効

サイトでイカを見つけるためには偏光グラスがかなり有効で、これを付けるだけでイカを発見する確率がグッと上がります。目を保護する役割もあるので持っておいて損はないでしょう。

 

 小さいイカはなるべくリリースしてあげましょう

秋イカは比較簡単かつ数も多く釣ることができますが、小さすぎる個体は大きく成長してからまた釣るぞ!という気持ちでリリースし、キープは食べる分だけにしてあげてください。地域によっては禁漁期間や新子の保護が推奨されているところもあるので注意も必要です。乱獲を避け長くエギングを楽しみましょう!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 ********************************************

【ブログランキング参加中!】

下の画像をポチッとしていただくとランキングポイントが加算されます!

よろしければ応援クリックよろしくお願いします☆

 

にほんブログ村 釣りブログへ
 いつもありがとうございます!

 ********************************************