釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

エギングラインの選び方!最適な種類・色・太さ・長さを解説!

f:id:ShuN1:20190818121907j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

エギングをやってみようと思ったものの、ラインの種類や太さはどうしたらいいの?と困っている方も多くいると思います。エギングにおいてライン選択はとても重要で、釣果に直接影響するものと言えます。最適なラインを選択し、エギングを快適に楽しみましょう。

 

今回はエギングに適したラインの種類・色・太さ・長さについて解説していきます!

 エギングのラインはPEが主流

ラインは主にPE・フロロカーボン・ナイロンの3種類がありますが、エギングに最適なラインはPEラインです。PEラインには以下のような特徴があります。

 

【PEラインの特徴】

  • 伸びが少ない⇒感度が良い、ルアー操作に優れている
  • 引っ張り強度が高い⇒同じ強度でもナイロンやフロロに比べ細くできる(飛距離が出せる)

 

エギングで使用するラインに求められるのは、エギをキビキビと動かせる操作性の高さイカの小さなアタリも逃さない感度の高さ広範囲を探るための飛距離です。PEラインはこの全てを兼ね備えており、エギングにぴったりなラインなのです。

 

しかし、PEラインは擦れに弱いという特性もあるので、その弱点を補うために先端には必ずショックリーダーを結束しましょう。

 

ショックリーダーについてはこちらで解説してあります⇩

www.tsuri-no-hito.com

 

色は視認性が良いもの

アオリイカに違和感を与えないためにラインは自然に近い色が良いという意見もありますが、私の経験上ラインの色によって釣果が悪くなったということはありません。

 

それよりもエギングではラインの動きを見てアタリをとったりするので、自分が一番見えやすいカラーを選択することをオススメします。

 

初心者の方は、夜でも比較的見えやすいライトグリーンやホワイト系を使用すると昼夜問わずより快適にエギングができるでしょう。

太さはなるべく細く

ラインは細い方が飛距離やエギの操作性が上がりますが、その分強度は落ちます。この点を考慮し、エギングに適したラインの太さはどのくらいか?と考えると、0.6~0.8号の太さが最適となります。

 

エギングでは0.6~0.8号が主流となっていますが、4kg以上の大物狙いなら1号を、秋の新子シーズンをライトに楽しみたいなら0.4号を使用するといった場合もあります。

長さは150m以上のものを

エギングは思いっきり投げても100m以上飛ばすということはまずありません。飛距離のことだけを考えればラインは100mあれば十分ですが、問題はライントラブルが起きた場合です。

 

高切れや根掛かりによってラインが短くなると次第に長さが足りなくなってきます。最悪の場合一回のライントラブルで数十m失ってしまうこともあるので、ラインの長さは余裕をもって150m以上にしましょう。

 オススメのPEライン

高い視認性と適度なハリとコシ!

 

 高比重で沈むライン!

シマノ(SHIMANO) PEライン セフィア G5 150m 0.6号 マルチカラー PL-E55N

シマノ(SHIMANO) PEライン セフィア G5 150m 0.6号 マルチカラー PL-E55N

 

 

 コスパ最強!

ユニチカ(UNITIKA) ライン キャスライン エギングスーパーPEII ホワイト 150m 0.6号

ユニチカ(UNITIKA) ライン キャスライン エギングスーパーPEII ホワイト 150m 0.6号

 

 

抜群の強度と感度!

最適なライン選択はエギングを快適にする!

最適なラインを選ぶことは、エギの操作性や感度、視認性や風の抵抗など様々な面で良い影響があります。これはもちろん好釣果にもつながります。

 

この記事を参考に自分に合ったラインを見つけ、より快適なエギングを楽しんでいただけたら幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 こちらの記事もどうぞ⇩

www.tsuri-no-hito.com

 

 

 

 ********************************************

【ブログランキング参加中!】

下の画像をポチッとしていただくとランキングポイントが加算されます!

よろしければ応援クリックよろしくお願いします☆

 

にほんブログ村 釣りブログへ
 いつもありがとうございます!

 ********************************************