釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

【エギング】アタリの取り方がわからない方でも感触を掴む方法

f:id:ShuN1:20190910233711j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

エギングを始めてみたもののイカのアタリがわからずなかなか釣果が伸びなかったり、気づいたら乗ってたということばかりで面白くないと感じている方はいませんか?イカのアタリは魚とは違い独特なので少し難しく感じるかもしれませんが、イカに合わせた正しいアタリの取り方をすれば必ず釣果は伸びます。

 

今回はアオリイカのアタリの種類・取り方・ちょっとしたコツご紹介していきます!

アタリの種類

アオリイカのアタリは様々で、それが故に難しいと言われていますが、このアタリを自分で見極めビシッ!っとアワせたときの快感はたまりません!まずは、どのようなアタリがあるか覚えておきましょう。

 

  • いきなり思いっきり引っ張られるようなグンッ!というアタリ
  • 魚がつついてきたようなコンッというアタリ
  • 潮で流れてきたゴミが引っ掛かったようなズーンというアタリ
  • エギの重みが急に軽くなるフッというアタリ

 

基本的にはこの4パターンだと思いますが、ステイ中にその場で捕食を始める場合などほとんどアタリがないときもあります。 

アタリの取り方

ロッドでアタリを取る

ロッドでのアタリの取り方は一番簡単で、特に初心者の方などはまずはこれでアタリがどんなものか感じてみると良いと思います。やり方は以下のような手順です。

 

  1. シャクったあと糸ふけをしっかり巻き取る
  2. テンションフォールまたはカーブフォールでエギを沈める
  3. 手元の感覚とロッドの先端に出るアタリを集中して待つ

 

ラインを張ることでアタリがダイレクトにロッドに伝わるので、握っている手元でしっかりと感じることができます。グンッと引っ張られたり、逆に張っているテンションがいきなりフッと軽くなったりしたらアタリです。

 

テンションフォールとカーブフォール中はエギの姿勢が崩れないようラインを張らず緩めずの状態にし、テンションを一定に保つようにしましょう。

 

ラインでアタリを取る

ラインで取るアタリは慣れるまで少々難しいと思いますが、イカの活性が低いときに有効なフリーフォール中でもアタリが取れるので、これができるようになれば一気に釣果アップが見込めます。また、気づいたら乗っていたパターンが今まで多かった人はそのアタリに気付けるようになります。やり方は以下の手順です。

 

  1. シャクったあとラインは巻き取らず弛ませたままにする(糸ふけが出すぎてる場合は多少巻き取ってもOK)
  2. そのままフリーフォールでエギを沈める
  3. 緩ませたラインに集中して目でアタリを取る

 

このアタリの取り方は、ラインを緩ませている分ロッドへの感触はほとんどないですが、その代わりにラインの動きにアタリが出ます。手で感じるアタリではなく目で感じるアタリなので集中してラインを見る必要があります。

 

フォール中はエギが沈んでいくので当然ラインも海に引き込まれていきます。このとき急にスーっとラインの引き込まれるスピードが速くなったり、逆に遅くなったり止まったりした場合がアタリです。

 

手でアタリを取る

手で取るアタリは、ロッドやラインでは気づきにくい小さなアタリを感じ取ることができたり、視界が悪い夜などに有効です。やり方は以下の手順です。

 

  1. 通常のシャクり⇒フォールを行う(フォールはどれでもOK)
  2. ロッドを握っている手の人差し指または逆の手で軽く引っ掛けるようにラインを持つ
  3. 持ったラインの感触に変化がないか集中してアタリを待つ

 

このアタリの取り方は、先に記した他のアタリの取り方と組み合わせて使用します。ロッドが吸収してしまうような小さなアタリに気付けたり、少し目線をそらしたりした場合でも手でアタリを逃さないというメリットがあります。

 

手で持ったラインが急に動いたり止まったり重さを感じたりしたらそれがアタリです。少しでも違和感を感じたらアワセてみましょう。 

アタリを掴むコツ

とにかくアワセてみる

それぞれのアタリの取り方を習得するには実際に体験することが一番です。アタリかどうか迷ってもとにかくアワセてみることで、それがアタリだった場合もそうではなかった場合も次につながります。

 

私も初めてアタリをアワセれたときは、迷いながらでそれが明確にアタリだとはわかっていませんでした。しかし、一度体験することでこれがアタリか!とわかるようになり次から一気に感触を掴めるようになりました。

 

違和感を感じたらとにかくアワセてみる!これが大事です。

 

着底までの秒数を数える

シャクリから着底までの秒数を数えることで、その秒数で着底しなかったときにエギに何か変化があるということに気付けます。

 

数えた基準となる秒数通りに着底しないということは、岩や海藻に乗った、潮が動き出した、イカが抱いたなどの可能性があり、このように常に海中でのエギの様子を想像することでロッドやラインに出る違和感をより集中して感じ取れるようになります。

アタリを取りやすくするには

風の影響を受けないようにする

強風時や横風の吹くような状態では、ラインが動いたりロッドが押されたりするのでイカのアタリがわかりずらくなります。

 

慣れないうちはなるべくこのような場所は避けることをオススメしますが、キャスト後としゃくった後にロッドを海面に近づけることで余計な糸ふけが出るのを防ぐこともできます。

 

感度の高いロッドを使う

私はシーバスロッドからエギングを始め、釣れないこともなかったですがその後エギングロッドに変えると取れるアタリの回数が劇的に上がりました。さらにワンランク上のロッドに変えると今まで気づかなかった小さなアタリまで感じ取れるようになりました。

 

シーバスロッドからエギングロッドというのは極端な話ですが、このように自分に合ったロッドに出会えると確実にアタリを取る回数が増えます。

 

全てがそうとは言えませんが高価なロッドはそれだけ感度が高く、イカのアタリも取りやすくなります。もっとアタリを取りたいという方はタックルをもう一度見直してみるのも一つの手です。

アタリが取れるとさらに楽しくなる! 

アタリを取れるようになるとエギングはさらに楽しくなります!まだアタリを取ったことがないという方は、この記事を参考に"釣れた"ではなく"釣った"ときの達成感を味わっていただけると幸いです。たくさんのアタリが取って釣果アップを目指しましょう!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

こちらの記事もどうぞ⇩

www.tsuri-no-hito.com

 

 

 

 ********************************************

【ブログランキング参加中!】

下の画像をポチッとしていただくとランキングポイントが加算されます!

よろしければ応援クリックよろしくお願いします☆

 

にほんブログ村 釣りブログへ
 いつもありがとうございます!

 ********************************************