釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

【エギング】リーダーの適切な種類・太さ・長さとオススメのリーダーを紹介!

f:id:ShuN1:20190810165101j:plain

こんにちは!plumです。

エギングでは一般的にPEラインを使用しますが、その先端にはリーダーという別のラインを結束します。しかし、初心者の方はこのリーダーにどういった役割があるのか、太さや種類はどうすればいいのかわからない方もいると思います。

 

今回はエギングにおけるリーダーの必要性と適切な種類・太さ・長さについて紹介していきます。リーダーの意味を理解し、さらにエギングを楽しんでいきましょう!

エギングにおけるリーダーの必要性

リーダーとは道糸とルアーの間に結束するラインのことを言います。正式には「ショックリーダー」と言いますが、単に「リーダー」を呼ばれることが多いです。

 

主に、擦れに弱いPEラインを道糸として用いる場合に使用します。

 

リーダーは、岩などの障害物によって道糸が擦れて切れてしまうことを防いでくれます。

 

エギングでは特に岩や障害物の多いボトムにエギを着底させることが基本となっているので、リーダーがなければすぐにPEラインが切れてしまいます。

 

すぐにラインが切れてしまっていては、手返しも悪くなりエギもいくつあっても足りません。エギングを快適に行うためにもリーダーは必ず必要だと言えるでしょう。

リーダーの種類

リーダーは主にフロロカーボンかナイロンのどちらかを使用しますが、エギングではフロロカーボンを使用する方の方が多いと思います。

 

フロロカーボン擦れに強い、比重が大きい(エギの沈下や姿勢を妨げない)、伸びが少なく感度が良いといった特徴があり、エギングにとても合っています。

 

しかしナイロンも、伸びが良いという特性によりイカを乗せやすいといったメリットがあります。また、現在は耐摩耗性に優れたナイロンも開発されております。

 

総合的に見るとエギングのリーダーにはフロロカーボンが適していると思います。ここではリーダーにフロロカーボンを使用することをおすすめしますが、ここは好みの問題でもあるので余裕のある方はどちらも試してみると良いでしょう。

リーダーの太さ

リーダーの太さはメインラインの太さの3倍くらいが適正な太さになります。

 

エギングではメインのPEラインは0.6~0.8号が一般的ですが、この場合PE0.6号ならリーダーは約3倍の2号、PE0.8号ならリーダーは約3倍の2.5号が適正な太さになります。

 

リーダーが細すぎると強度が落ち、太すぎると高切れの原因や軽快なシャクりを妨げます。また、リーダーが太すぎて必要以上の強度があると根掛かりした際にメインラインやリーダーの結束部分から切れて再び結束する手間がかかってしまいます。

 

自分の使用するメインラインと強度バランスの合ったリーダーの太さを選びましょう。

リーダーの長さ

エギングではリーダーの長さは1mくらいあれば十分です。

 

長すぎるとキャストする際にガイド内にリーダーの結束部分がきてしまいキャストの妨げになります。

 

しかし、根が荒い場所では少し長めにとったほうがメインラインの擦れを防げます。

おすすめリーダー

高強度のダイワリーダー

 

シリコンコーティングで水切れがよい

 

好みのリーダーを選んでエギングを楽しもう!

エギングが初めてのルアーフィッシングという方は、リーダー選びで迷ってしまう方もいると思います。

 

一度覚えてしまえば他のルアーフィッシングでも応用できるので、この記事を参考にぜひ自分に合ったリーダーを見つけてみてください!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

⇩こちらの記事もどうぞ⇩

www.tsuri-no-hito.com

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
ブログ村ランキング