釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

冬のエギングにオススメなエギ5選!ボトムを狙ってアオリイカを釣ろう!

f:id:ShuN1:20191202200808j:plain

こんにちは!plumです。

冬にイカは釣れないと思っている方は多いと思いますが、冬でも攻め方を工夫すればイカは釣れます。

 

活性は低めですがその分エギングの上達になり、秋の小さいサイズから春の大物まで潜む冬のエギングは宝探し的な楽しみもあります。

 

今回は冬エギングにオススメなエギ5選を特徴と共にご紹介していきます!

 

 筆者について 

年間釣行回数200日を超えるエギング中毒者。ブログ村 エギングカテゴリPVランキングで継続して1位を獲得中。

 

ギング専門番組もあるよ!/

冬エギングにおすすめなエギの特徴とは

冬エギングにおすすめするエギの特徴は以下の5つです。

 

 ・水温の安定しているボトムを探る能力に長けている
 ・沖の深場を狙える遠投性能
 ・ゆっくりじっくりなアクションに向いている
 ・低活性に効く安定したフォール姿勢
 ・冬の強風時でも扱いやすいもの

 

冬のイカは比較的活性が低く、寒くなるにつれ水温の安定した沖のボトムへと移動していきます。

 

よってこの条件に合ったエギの選択をすることで釣れる可能性が上がります。

 

 

 冬エギングのポイントはこちら⇩

www.tsuri-no-hito.com

冬エギングにおすすめなエギ5選!

f:id:ShuN1:20191120201756j:plain

それではここから冬エギングにおすすめなエギをご紹介していきます!

 

それぞれのエギの特徴を見ながら、ぜひ実際の釣行で使ってみてください!

冬シーズン序盤はコレ!「デュエル(DUEL) EZ-Qキャスト 3号」

 

冬イカシーズン序盤で活躍するのがこのエギ「デュエル(DUEL) EZ-Qキャスト 3号」です。

 

冬と言ってもシーズンの始めは意外と水温も高くまだ秋の新子がちらほら残っており、3号のエギを投げる価値は十分あります。

 

冬はアオリイカの活性が低くなりますが、それに合わせてアクションを抑えてもパタパタフットがアオリイカにアピールしてくれるので冬エギングにとてもオススメのエギです。

冬はこのエギでより丁寧に!「林釣漁具製作所 餌木猿 3.5号」

 

天然素材を使い職人の手作業で1つ1つ丁寧に作られている「餌木猿」

 

早すぎず遅すぎず絶妙な沈下速度で沈み、アオリイカに違和感を感じさせない自然な沈下姿勢を保つことができる餌木猿は、活性の低い冬イカでも思わず抱いてしまいます。

 

また、冬におすすめのディープタイプでもノーマルタイプと1gしか差がないので扱いやすいです。

 

使用する際は、ナチュラルで綺麗なフォール姿勢を活かすことができるフリーフォールがオススメです。

ボトムを攻める!「ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 LIVE ディープ」

 

「ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 LIVE ディープ」は、キレのあるダートと沈下速度の速さでボトムを効率よく手早く探ることができます。

 

前方への移動を抑える設計をされており、1キャストでより多くのアクションが可能です。

 

エギ王Q LIVEと比較すると同じキャスト距離からのアクションできる回数は50回も多く、ボトムでじっとしている冬のイカでもじっくり攻めることができます。

 沖の深場を攻める!「デュエル(DUEL) EZ-Q マグキャスト」

 

 冬になるとアオリイカ達は水温の安定した沖の深場へと移動します。

 

「デュエル(DUEL) EZ-Q マグキャスト」は独自のマグキャストシステムにより遠投が可能で、陸からでもより沖の深場を探ることができます。

 

また、ダート幅は大きいままに移動距離を抑える設計をされており、ポイントを長くじっくり攻めていくことが可能です。

風の強い冬でも安心!ダイワ(DAIWA) エメラルダス ステイ RV

 

「ダイワ(DAIWA) エメラルダス ステイ RV」3.5号で自重が25gもあり、他のエギよりも重い作りになっています。

 

そのため風の強い日が多い冬でもしっかり遠投ができ、エギの重みもしっかりと感じ取ることができるので快適にエギングが行えます。

 

重いエギですがフォールスピードは3.75秒/mと他のエギとさほど変わらず、低重心設計によりレンジキープ能力にも長けています。

 

ダート系のエギではなく重さもあるので使用には少々コツが必要です。

冬エギングではチューニングシンカーも有効!

 

冬エギングでは深場やボトムを狙うことに適したディープタイプのエギを使用する機会が増えると思いますが、ノーマルタイプのエギでもチューニングシンカーを取り付ければウェイトを重くすることが可能です。

 

脱着も簡単でエギケースにも一つ空きができるのでこちらを使用しても良いかと思います。

 

各メーカーからそれぞれのエギ専用のチューニングシンカーが販売されているので(全てのメーカーではありませんが)、自分の使用するエギに合った物を使用しましょう。

季節に合ったエギで冬エギングを攻略しよう!

f:id:ShuN1:20200323203102j:plain

エギングは季節ごとに有効な攻め方が変わるので、エギの選択もその季節に合った物を使用することで好釣果に繋がります。

 

とはいうものの、必ずしも「この攻め方じゃないと釣れない!」などということではありませんので、結局のところはアングラーそれぞれのスタイル・好みに合った物を見つけることが大切です。

 

今回ご紹介したエギを参考に、是非自分好みのエギを見つけて冬のアオリイカ達をゲットしてください。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

エギングの疑問はここで探そう!

タックル・釣り方・知識など、当ブログ内のエギング関連記事を見やすくまとめてみました。

エギングについてもっと知りたい方やエギング初心者の方はこちらから記事をお探しください。(ブックマーク推奨)

>>エギング記事まとめ

 

こちらの記事もどうぞ⇩

www.tsuri-no-hito.com

www.tsuri-no-hito.com

 

 

 ⇩暇つぶしに釣りブログを読みませんか?⇩

にほんブログ村 釣りブログへ
ブログ村ランキング