釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

エギングを始めるのにかかる費用とは?予算別でタックル例を考えてみた!

f:id:ShuN1:20201023203646j:plain

 

こんにちは!plumです。

 

f:id:ShuN1:20200819155740p:plain
"釣り人"

エギングを始めるのってどれくらいの費用がかかるんだろう?これから道具を揃えていくから初期費用の目安をおしえてください!

 

今回はこのような方のためにエギングを始めるための初期費用についてお話していきます!

 

特に釣り未経験でエギングから始めようと思っている方は、必要な道具や釣具の値段などわからないことばかりだと思いますが、本記事を読めば大体の予算を組めるようになると思います。

 

予算別でタックル例も考えてみたのでそちらも是非参考にしてみてください。

 

 筆者について 

年間釣行回数200日を超えるエギング中毒者。ブログ村 エギングカテゴリPVランキングで継続して1位を獲得中。

 

エギングを始めるのに費用はいくらかかる?

f:id:ShuN1:20200228080917j:plain

エギングを始めるに至ってどれくらい費用がかかるかは購入する道具の値段次第ですが、おおよそ最低でも2万円くらいはかかります。

 

なるべく安く済ませたいところですが、エギングを快適に楽しむためには妥協できない部分もあるため、まずはエギングに必要な道具や値段の相場を知ってタックルを考えていきましょう。

エギングに最低限必要な道具

f:id:ShuN1:20200118000911j:plain

エギングに最低限必要な道具は以下の8つです。

 

  • ロッド
  • リール
  • ライン(糸)
  • ショックリーダー(糸)
  • スナップ
  • エギ
  • エギケース
  • ラインカッター

 

道具の持ち運びや釣ったイカの保管方法などを無視して、純粋にエギングをやるだけのことを考えた場合です。

 

タックルの説明やエギングのやり方などについてはこちらの記事を読んでください⇩

>>エギングのやり方!初心者の為にタックルやコツをまとめて紹介!【イカ釣り】 - 釣りの人。

エギングにあると便利な物

f:id:ShuN1:20200330132017j:plain

次にエギングであると便利な物をご紹介していきます。

 

  • バケツ
  • クーラーボックス
  • タオル
  • タモorギャフ
  • 釣りバッグ
  • イカ締めピック
  • ヘッドライト
  • フィッシングスケール(重さ)
  • UVライト
  • 帽子

 

特にクーラーボックスはないと釣ったイカを美味しく持ち帰れませんので準備しておいた方が良いです。

 

それぞれの道具についての説明やおすすめ商品の紹介は別記事のこちらのページをご覧ください。

費用別でエギングタックルを考えてみた

f:id:ShuN1:20200827132504j:plain

ここからは「現役エギンガーの筆者が考えたエギング初心者タックル」をご紹介していきます。

 

エギングを始めるに至って費用をどれくらいかけるかは人それぞれだと思いますので、3つの価格帯に分けて考えてみました。

 

これからエギングタックルを揃えるときの参考にしてみてください。

低価格帯タックル

 

安く抑えながらも最低限の性能は揃っているタックルです。

 

リールはダイワ 20 レブロス LTと迷いましたが、自重の軽いレガリスを選びました。

 

値段はレブロスの方が500円くらい安いので、とにかく安く抑えたいという方はそちらでも良いと思います。

中価格帯タックル

 

エギング初心者向けに作られたエントリーモデルとして評判の高いシマノのセフィアシリーズを中心に揃えました。

 

エギング中級者にもオススメできるくらい使いやすいタックルで、低価格帯タックルよりも快適にエギングを楽しめると思います。 

高価格帯タックル

 

プロが使用するようなハイエンドモデルのタックルだとこのようになります。

 

ロッドとリールだけで10万を超えてしまうので、予算に余裕があって初期投資は惜しまないというの方のみ可能なタックルです。

 

  

もちろん性能はどれも最上級で、エギングの快適さや釣果にも繋がるでしょう。

エギングにかかる費用まとめ

f:id:ShuN1:20191027194215j:plain

エギングを始めるのにかかる費用は最低でも2万円くらいになります。

 

小物類があるのとないのとでは釣行の快適さや釣果に差が出ますので、できたら小物類までしっかり揃えましょう。

 

準備ができたら安全対策をしっかりしてマナーを守ったうえでエギングを楽しんでください。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

\エギング初心者はこちら/

タックル・釣り方・知識など当ブログ内のエギング関連記事を見やすくまとめました。

エギング初心者の方はこちらから記事をお探しください。

>>エギング初心者向け記事まとめ

 

 

こちらの記事もどうぞ⇩

www.tsuri-no-hito.com

www.tsuri-no-hito.com

www.tsuri-no-hito.com

 

 ⇩暇つぶしに釣りブログを読みませんか?⇩

にほんブログ村 釣りブログへ
ブログ村ランキング