釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

釣り初心者おすすめ!簡単穴釣りのやり方!

f:id:ShuN1:20190627195828j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

テトラポットや石積の穴、堤防の隙間などに仕掛けを落とすだけで美味しい根魚が釣れる穴釣り。簡単な仕掛けでオールシーズン釣れることから、初心者の方におすすめな釣りです!

 

 

ここでは穴釣りのやり方やちょっとしたコツを自身の体験も含め紹介していきたいと思います!

使用するタックル

穴に仕掛けを落とし込むだけなので、使用するタックルはそれほどこだわらなくても大丈夫です。子供用に販売してある釣り道具セットや、ダイソーの竿なんかを使用している方もいます。私が子供の頃は、竿もリールも使わない手釣りでよく穴釣りをしていました。

 

竿

基本的にはなんでも大丈夫ですが、扱いやすさを考えると短い方が良く、1m前後で軽量かつ頑丈なロッドがおすすめです。最近では穴釣り専用のロッドも増えてきたので、予算に余裕のある方は専用タックルを用意しても良いかと思います。

 

 

リール

スピニングリールやベイトリールなど、こちらも基本的にはなんでも大丈夫です。竿に合わせて小型で軽量なものがを使いましょう。その中でもおすすめなのは、両軸リールです。トラブルも少なく巻き上げることに特化したリールで、穴釣りに最も適しています。

 

 

ライン

穴釣りは狭い隙間で行う釣りなので、擦れに強く強度もあるフロロカーボンが一番おすすめです。号数は2~3号くらいが良いでしょう。ラインに傷がついたり根掛かりも多い釣りですので、安価で購入できラインをすぐに消耗してしまってもダメージの少ないナイロンラインもおすすめです。

 

 仕掛け

穴釣りにはブラクリという専用の仕掛けがあります。視覚的にアピールできるよう塗装されたおもりと針が一体化したもので、根掛かりも少なく扱いやすいです。

 

穴釣りは根掛かりが付きもので、仕掛けの消耗も激しいです。そのため予備を多めに用意することをおすすめします。また、自作でも簡単に作れるので、雨の日など釣りに行けないときはいくつか作っておくとお財布にも優しいです。

 

穴釣りのエサ

穴釣りでは一般的にゴカイやアオイソメなどの虫エサを使用します。その他には、オキアミ、サバの切り身、イカの切り身、キビナゴなど地域によって様々なエサが使われています。

 

私が小さい頃は、岩場についている貝や、ヤドカリ、フナムシなんかを捕まえてよくエサにしていました。結構どんなエサでも釣れちゃいます。

 

虫エサには少し劣りますが、ワームでも十分に釣ることができ、虫エサが苦手な方や、アジングなどのワームが余っている方はこちらを使用しましょう。

穴釣りのやり方

f:id:ShuN1:20190627195823j:plain

 

穴釣りはとても簡単な釣り方で、仕掛けをテトラポッドや岩の隙間に落とし込むだけです。

 

仕掛けを底まで落としたら、根掛かり防止のため少し巻き上げ、竿を上下に動かして誘いをかけたり、そのままステイさせてアタリを待ちます。

 

魚がかかった場合、根魚は穴に潜って逃げようとしますので、一気に巻き上げます。

釣果アップのコツ

穴の奥底まで落とす

仕掛けを着底させたつもりでも、竿をチョンチョンと動かすとおもりが転がりさらに奥の穴に落ちることがあります。狭い隙間に仕掛けを通していくので、その分根掛かりは増えますが、穴の奥底には獲物が潜んでいる可能性が高いので、積極的に狙っていきましょう。

 

粘らない

穴に魚がいる場合、ほとんどが一投目でアタリが出ます。

逆に言うと、一投目でアタリが出ない穴は釣れる確率が低いということです。1つの穴をじっくり探るのではなく、たくさんの穴を攻めていきましょう。

 

根掛かりを回避する

穴釣りは根掛かりがつきものですが、あまりに根掛かりが多いと手返しも悪くなり、釣果と共にモチベーションも下がってしまいます。

根掛かりを回避するには

根掛かりを少しでも回避するには、激しいアクションをしないことです。落とし込むときはゆっくり落とし、誘いをかけるときもゆっくり動かします。

こうすることで、岩や海藻にひっかかっても深く針が掛かることがなく回収の確立が上がります。

 

また、仕掛けは穴に対して真っ直ぐに落とさないと、仕掛けだけでなくラインも引っ掛かかりやすくなってしまいます。遠くの穴めがけて投げてみたり、潮の流れのある場所を狙うのは極力やめておきましょう

 

穴の穴場を探す

ポピュラーな釣りであるが故に、探りやすい穴などはすでにスレている場合があります。なるべく人が来ないような場所や、穴の奥底を探すことが釣果アップへとつながります。誰も探ってなさそうな浅い場所をあえて狙ってみたりすると、意外と大物が釣れたりします。

 

色々な場所を探ることは釣果アップのポイントですが、危険な場所は最悪命を落とすことになりかねないので、安全第一を心がけましょう。

 穴釣りに出掛けよう!

 準備ができたらさっそくチャレンジです!

 

オールシーズン簡単で気軽にできるところが穴釣りの魅力ですが、足場の悪いところでの釣りとなりますので、ライフジャケットなどの安全対策は怠らないように!

 

また、根魚は成長の遅い魚なので、小さいものはまた大きくなってから釣ろうという気持ちでリリースしてあげてください。

 

魚の居場所を自分の足で探す穴釣りは、お宝探しのようなワクワク感を味わえます!安全対策とマナーを守って、ぜひ穴釣りを楽しんでください!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

⇩クリックしていただけると励みになります⇩

にほんブログ村 釣りブログへ