釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

釣り初心者おすすめ!簡単キス釣りのやり方!

f:id:ShuN1:20190627195737j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

ベテランからビギナーまで幅広く愛される投げ釣りの対象魚シロギス。透き通る白い魚体は美しく、食べても美味しい魅力的な魚です。底が砂地の堤防や砂浜から簡単に狙うことができ、初心者の方にもおすすめな釣りです。

 

 

ここでは本格的な遠投式ではなく、初心者や子供でも簡単に行えるチョイ投げ式のキス釣りを自身の体験も含め紹介していきます!

使用するタックル

竿

2~3m程の長さと投げられる重さが30g程まで対応したものであれば、万能竿、ルアーロッド、エギングロッド、磯竿など様々な竿を流用できます。

 

リール

2000~3000番のスピニングリールが扱いやすいです。こちらも他の釣りで使用しているものを流用してもらって構いません。

 

ライン

初心者の方はトラブルも少なく扱いやすいナイロンの2~3号がおすすめですが、慣れてきたらPEの0.6~1号を使用すると飛距離と感度がアップしさらなる釣果アップが見込めます。

 

釣具屋には竿・リール・仕掛けなどがセットになった「チョイ投げセット」も販売してあります。私も最初はこのセットを使用していましたが、問題なくキス釣りを楽しむことができました。

 

仕掛け

 

f:id:ShuN1:20190529204832j:plain

出典:キス釣り&カレイ釣り

仕掛けは、キャストしたときに仕掛けが道糸に絡むのを防ぐ働きを持つ「テンビン」というものを使用します。いくつか種類がありますが、チョイ投げで主に使用されるのは片テンビンという仕掛けです。

 

このテンビンに3号~5号のおもりと、市販のキス釣り仕掛けをセットします。

 

こちらも釣具屋でセットが販売してあるので、初心者の方はおすすめです。キス釣りは海底を狙う釣りなので、慣れるまでよく根掛かりをします。仕掛けは予備をいくつか用意しておきましょう。

 

キス釣りのエサ

キス釣りでは一般的にアオイソメやゴカイといった虫エサを使用します。

 

虫エサを触るのがどうしても苦手だという方は、虫エサの形をしたワームもあるのでそちらを使用しましょう。虫エサよりは釣れにくいですが、それでも十分に釣ることができます。

 

私もはじめは虫エサが気持ち悪くて触れませんでしたが、たくさん釣りたいという思いから克服することができました。ぜひチャレンジしてみてください!

 

キス釣りのやり方

 1、前方へキャストし着底を待つ

 

2、着底後、仕掛けをゆっくりサビく(リールを巻く、もしくは竿を左右どちらかに引くように動かし仕掛けを手前に寄せる)

 

3、アタリが出たら、竿を立てリールを巻き回収する 

釣果アップのコツ

1、ポイントを見つける

キスは群れで行動する習性があります。同じ所にひたすら投げるのではなく、まずは幅広く探っていきアタリがあるポイントを見つけましょう

 

ポイントを見つけたら、キスを警戒させないようポイントに直接投げ込むのではなく、少し沖に投げポイントまで寄せていきます。

 

2、針のサイズ

キスはエサを吸い込むように捕食します。キス釣りにおいて、このとき針が大きすぎると、エサだけ吸い込まれ肝心の針はかからないということがあります。(アタリはあるのに乗らない)

 

大物狙いの場合は別ですが、アベレージサイズで数釣りを楽しみたい場合は6号~8号の小さめの針を使用しましょう。

 

3、活性に合わせたエサの付け方

エサは状況に応じて付け方を変えます。

 

食いが良いときは、針掛かりを良くするために針から1~2cm程たらしてカットします。食いが悪いときはアピール力を高めるために長めにたらします。

 

私はまずキスがいるポイントを見つけるために、最初の数投は1匹まるまる活きエサを付けます。こうすることで、針掛かりは悪くなりますがアピール重視の仕掛けになり、キスの反応が出やすくなります。是非試してみてください。

 


キス(シロギス)の投げ釣り 青イソメの針への付け方説明 【海釣り入門】 和歌山釣太郎

 

4、意外と浅場にいる

砂浜や海水浴場でキス釣りをする場合、初心者の頃は人が泳ぐような手前の浅場にはいないと思いがちですが、水深50cm以下のような場所にもキスはいます。浅場まで丁寧に探りましょう。

 

しかし、手前側は堤防の敷石や漂流物等があり、針がひっかかりやすいところでもあるので、根掛かりが多発する場合は無理に探るのはやめましょう。

 

5、多点掛けを狙う

アタリがでたらすぐに回収してしまうのではなく、少し待ってみたり、サビく速度を落としてみましょう。アタリがある場所は他のキスもいる可能性が高いので、他の針にも食いつき1投で複数釣ることができます。

 

待ちすぎると暴れたキスから針が外れてしまうことがあるので、30秒から1分程度を目安にして回収しましょう。 

キス釣りに出掛けよう!

準備ができたらキス釣りにさっそくチャレンジです!

 

シーズンは5月~10月くらいですが地域によって違うので、釣り具屋やインターネットで情報をチェックしてから出掛けるのがよいでしょう。

 

安全対策とマナーも忘れずにキス釣りを思いっきり楽しんでください!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

⇩クリックしていただけると励みになります⇩

にほんブログ村 釣りブログへ