釣りの人。

のんびり人間の釣りブログ。釣りネタ・豆知識・釣行日記など。

釣り初心者おすすめ!簡単サビキ釣りのやり法!

f:id:ShuN1:20190627195733j:plain

みなさんこんにちは!plumです。

釣りの入門としておすすめなサビキ釣り。気軽に行ける堤防や海釣り公園などで美味しいアジやサバを釣ることができ、初心者や子供でも簡単に行えます。

 

 

ここでは、サビキ釣りのやり方やちょっとしたポイントを紹介していきます!

使用するタックル

サビキ釣りで使用する竿は4m前後の磯竿が一般的ですが、普段使っているルアーロッドや投げ竿を流用することもできます。3m前後で30g程まで対応している竿なら基本なんでも大丈夫です。

 

リールは2000〜3000番くらいの中型スピニングリールが扱いやすいです。竿とバランスの合ったものを使用しましょう。

 

ラインは2~3号のナイロンラインが扱いやすいですが、堤防の足元に落とし込むだけなので基本的にはなんでも大丈夫です。ルアー釣りと兼用の方は、PEラインを使用しても問題ありません。

 仕掛け

f:id:ShuN1:20190531212828j:plain

出典:Fishing Factory

仕掛けは上カゴ仕掛け、下カゴ仕掛け、遠投ウキ仕掛けなどありますが、ここでは一番簡単な下カゴ仕掛けを紹介します。

 

下カゴ仕掛けは道糸にサビキ仕掛けをセットし、一番下に餌を入れるオモリ付きのカゴをセットします。

 

仕掛けの号数は、大きすぎると針がかりが悪くなるので4〜7号くらいが良いです。

20cm以上の大物が釣れる場合は、大きめの8号以上のものを使用しましょう。

 

サビキ釣りは、タックルや仕掛けがセットになっているものも販売されており、これらで十分に対応できます。値段も3000円〜5000円くらいでとても安いです。

 

 [rakuten:fishing-you:10069030:detail]

エサ

エサはアミエビという小さなエビを使用します。

 

冷凍されたブロック状のものや、常温のチューブタイプなどがあります

 

冷凍ものは海水と混ぜ、溶かして使用します。チューブタイプより釣れやすいと言われています。

 

チューブタイプは冷凍ものより少し値段が高いですが、常温で使える、手が汚れない、臭くない、余った場合も保存しやすい、などのメリットがたくさんあります。

 

私は冷凍ものをよく使用しますが、入れ食いでエサが足りなくなったときなどに備えて、常温で保存できるチューブタイプを一つ持っていきます。

 

サビキ釣りのやり方(下カゴ仕掛け)

準備ができたらいざ投入です!

 

1、足元から1~2mくらいのところに仕掛けを落とします。このときエサがこぼれないようにゆっくり落としましょう。

 

 2、カゴからエサを出すために竿を上下に2~3回シャクります。激しく動かす必要はありません。

 

 3、その後しばらく待ちます。すると、エサの中に紛れた針に魚が食いつき竿にピクピクッと反応が出ます。

 

 4、反応があったらゆっくりとリールを巻いていきます。速く巻きすぎると針から魚が外れてしまうのでゆっくりで大丈夫です。

 

 5、見事釣りあげたら魚を針から外し、カゴにエサを詰めて再度投入しましょう。

 

下カゴ仕掛けは主に足元を狙う釣り方なので、遠くに投げる必要もなくとても簡単に行えます。

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りでたくさん釣るためには、ちょっとしたコツや押さえておくべきポイントがあります。

 

簡単な釣りだからこそ、少しの工夫でさらなる釣果アップが見込めるでしょう!

 

 釣果情報をチェックする

 一番大切なのはズバリ情報です!

 

サビキ釣りで狙うアジやイワシなどの魚は回遊魚なので、湾内に入ってこない場合はいくら餌を撒いてもなかなか釣れません。

 

逆に湾内に入ってくるタイミングでサビキを投入すれば、初心者でも入れ食い状態になれます!

 

釣り具屋のホームページや地元の釣り人から、釣れている場所や時間の情報を手に入れましょう。

 

 タナを探ろう

タナとは、魚が泳いでいる水深を表す釣り用語です。

 

魚がたくさんいるタナを見つけ、そこを重点的に狙うことで良い釣果が見込めます。

 

海底まで仕掛けを落とす。反応がない場合は中層で止めてみる。また反応がなければ次は海面付近で止めてみる。これを繰り返して一番魚の反応が良いタナを探すのです。

 

さっきまで釣れていたのに急に釣れなくなった!なんてときにも、またタナを探しなおすと別のタナで釣れたりします。

 

エサを詰めすぎない

カゴにエサを詰めるときに、パンパンに詰めすぎるとうまくカゴからエサが出てこなくなります。

 

また、仕掛けを投入する際にエサをこぼしてしまったり、片付けが面倒にもなります。

 

カゴの容量に対しての八割くらいにしておきましょう。

マナーを守って安全に楽しく釣りましょう

サビキ釣りは簡単に釣れるのでファミリーフィッシングに特におすすめです。

 

家族で楽しく安全に釣るために、お子さんには必ずライフジャケットを着用させましょう!

 

また、帰るときは汚れをバケツの水で流し、ゴミは必ず持ち帰りましょう!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

⇩クリックしていただけると励みになります⇩

にほんブログ村 釣りブログへ